• ホーム
  • ピルの効果は妊娠を避ける避妊だけでは無い

ピルの効果は妊娠を避ける避妊だけでは無い

2019年09月18日
笑顔の女性

避妊は、コンドームによる男性側が行う場合が多いですが、ピルを服用すれば、女性自身で妊娠を避ける事ができます。
避妊をせずに性行為をすると、妊娠するのは女性です。
そして、望まない妊娠によるリスクを背負うのは、女性です。
そのリスクは、肉体的な物だけではなく、精神的なリスクも非常に大きいです。
ですので、男性任せの避妊をするのではなく、自分自身を守るためにも、ピルなどを使用して、女性が避妊を選択する事も、とても大切なのです。

婦人科で処方されるピルは、毎日決められた時間に服用する事により、よりその効果を発揮させる事ができます。
もし、飲み忘れてしまった場合には、処方された婦人科に問い合わせて、対処法を確認すると、引き続き服用する事ができます。
ピルには、妊娠を避けるだけではなく、女性ホルモンをコントロールする事により、生理前症候群と呼ばれる、生理前に起こる精神不安や、眠気、過食などの不快症状を緩和させる効果も期待できます。
子宮内膜症の治療にも用いられます。
他にも、女性特有の症状には、ピルが処方される場合が多いです。

特別な症状が無い場合にでも、服用すると女性ホルモンが安定するので、美肌効果があると言われています。
ただし、ピルを服用すると、このような嬉しい事ばかりではなく、体質によっては、服用後の数週間は吐き気や眠気などの副作用が見られる場合があります。
もし、このような副作用が強く、服用が続けられるか不安な時にも、婦人科などに相談をすると良いです。
ピルには、中容量や低容量などの成分の強さによって大きく分けられますし、種類も豊富にあるので、目的に合わせて、自分にあったピルを探す事が、避妊にも、その他の症状の緩和にも繋がります。

関連記事
ホルモン分泌を調整する低用量ピルには専用ピルカッター 2019年11月22日

女性にとって妊娠は人生を左右する大きな問題です。いつかは子供が欲しいけれど、キャリアを先に構築したいからまだそのときではないと考えたり、子供の出産間隔をコントロールしたいと考える方が多くいらっしゃいます。そのような時に従来のコンドームでの避妊法やオギノ式避妊法では避妊の成功率が低く、計画が狂ってしま

2019年11月22日
低用量ピルを血液検査で飲まない方が良い場合 2019年10月23日

避妊するために低用量ピルを飲みたいという場合、事前に病院で血液検査を受けるのがオススメです。ちなみに、低用量ピルには血栓症を発症する可能性があるとされており、血液検査を受けて血栓症のリスクが高いことが分かったら飲まない方が良いでしょう。低用量ピルは生理痛がひどい月経困難症の治療薬としても注目されてお

2019年10月23日
ピルで生理を遅らせることはできます 2019年09月24日

毎月、生理があるのは女性にはストレスになることもあります。そして、その生理が旅行などと重なると不必要に心配してしまいます。その生理を遅らせることは、ピルを利用しているとできます。ピルは、女性側からの避妊薬ですがこれ以外にも生理不順や生理痛のひどい場合などにも使用がされています。このピルで生理を遅らせ

2019年09月24日
低用量ピルによる副作用とは 2019年09月20日

低用量ピルは、内服タイプの経口避妊薬で、避妊はもちろん、生理痛や生理不順の改善が可能です。女性ホルモンが含まれており、ホルモンの含有量が多いほど高い効果がありますが、その分副作用も多く出やすいため、現在ではホルモンの含有量が50ug未満の低用量ピルが主流となっています。低用量ピルは、中用量や高容量の

2019年09月20日
自分に合った低用量ピルの種類を通販で購入 2019年09月15日

女性が服用する事により、避妊する事を選択する事ができるだけでなく、子宮内膜症や月経前症候群などの女性特有の症状などの緩和にも多く使用される低用量ピルには、様々な種類があります。低用量ピルには、メリットばかりではなく、吐き気や眠気などの副作用もあるので、それらを考えながら、自分に合った低用量ピルを探し

2019年09月15日