• ホーム
  • 低用量ピルを血液検査で飲まない方が良い場合

低用量ピルを血液検査で飲まない方が良い場合

2019年10月23日

避妊するために低用量ピルを飲みたいという場合、事前に病院で血液検査を受けるのがオススメです。
ちなみに、低用量ピルには血栓症を発症する可能性があるとされており、血液検査を受けて血栓症のリスクが高いことが分かったら飲まない方が良いでしょう。
低用量ピルは生理痛がひどい月経困難症の治療薬としても注目されており、女性ホルモン剤として日本だけでなく世界中で多くの人に利用されています。
血栓症とは低用量ピルの副作用の一つであり、血管の中で血が固まって詰まってしまう病気です。

低用量ピルにはエストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンが含まれているのですが、エストロゲンには血液を固まりやすくする作用があり、プロゲステロンも種類によっては血栓症のリスクが上昇すると言われています。
血栓症には2つのホルモンが関与している可能性があるということです。
ふくらはぎの痛みやむくみ、胸の痛み、息苦しさ、頭痛、脱力感、手足の痺れ、視覚の障害、めまい、腹痛、意識障害などといった副作用が起きた場合、血栓症の前兆であることも考えられるため、医師に相談してみるのがオススメです。
また、他の低用量女性ホルモン剤を使用しても血栓症を発症する可能性があるので注意しましょう。

低用量ピルの副作用が怖くて飲まないという人もいるかもしれませんが、低用量ピルには避妊効果だけでなく生理の出血量を減らす効果や生理痛を緩和させる効果、美肌効果などさまざまなメリットがあります。
血栓症のリスクが低い場合には、低用量ピルを飲まないより飲んだ方が良いかもしれません。
血液検査を受けたいという場合、インターネットで信頼できる病院を探してみると良いでしょう。

関連記事
ホルモン分泌を調整する低用量ピルには専用ピルカッター 2019年11月22日

女性にとって妊娠は人生を左右する大きな問題です。いつかは子供が欲しいけれど、キャリアを先に構築したいからまだそのときではないと考えたり、子供の出産間隔をコントロールしたいと考える方が多くいらっしゃいます。そのような時に従来のコンドームでの避妊法やオギノ式避妊法では避妊の成功率が低く、計画が狂ってしま

2019年11月22日
ピルで生理を遅らせることはできます 2019年09月24日

毎月、生理があるのは女性にはストレスになることもあります。そして、その生理が旅行などと重なると不必要に心配してしまいます。その生理を遅らせることは、ピルを利用しているとできます。ピルは、女性側からの避妊薬ですがこれ以外にも生理不順や生理痛のひどい場合などにも使用がされています。このピルで生理を遅らせ

2019年09月24日
低用量ピルによる副作用とは 2019年09月20日

低用量ピルは、内服タイプの経口避妊薬で、避妊はもちろん、生理痛や生理不順の改善が可能です。女性ホルモンが含まれており、ホルモンの含有量が多いほど高い効果がありますが、その分副作用も多く出やすいため、現在ではホルモンの含有量が50ug未満の低用量ピルが主流となっています。低用量ピルは、中用量や高容量の

2019年09月20日
ピルの効果は妊娠を避ける避妊だけでは無い 2019年09月18日

避妊は、コンドームによる男性側が行う場合が多いですが、ピルを服用すれば、女性自身で妊娠を避ける事ができます。避妊をせずに性行為をすると、妊娠するのは女性です。そして、望まない妊娠によるリスクを背負うのは、女性です。そのリスクは、肉体的な物だけではなく、精神的なリスクも非常に大きいです。ですので、男性

2019年09月18日
自分に合った低用量ピルの種類を通販で購入 2019年09月15日

女性が服用する事により、避妊する事を選択する事ができるだけでなく、子宮内膜症や月経前症候群などの女性特有の症状などの緩和にも多く使用される低用量ピルには、様々な種類があります。低用量ピルには、メリットばかりではなく、吐き気や眠気などの副作用もあるので、それらを考えながら、自分に合った低用量ピルを探し

2019年09月15日